浄土真宗では位牌をもちいません

なぜか?

結論から言いますと、本来は仏教のしきたりではないからです
真宗関係の古書を縦横に引用して詳しく論証されていますが
" 経文のどこにも、位牌に関して説かれていない "とのこと

すると真宗だけでなく、いずれの宗派でも厳密に考えれば
位牌を安置するのは正しい習慣とはいえないはずで
とりわけお仏壇でご本尊のかわりをつとめたり、あるいは
ご本尊を圧倒するかのように位牌が所狭しと並んでいるのは
仏教としてなじまないということになります

亡き人やご先祖をしのんで、仏前で手を合わせる行為は
尊いですが、やはり" 位牌 "というものの存在を
きちんとおさえておきましょう

では、" 位牌 "とは何か?
古代中国の儒教の風習で、それが仏教と混同されて
伝えられたものらしく、我が国日本で一般化したのは
鎌倉時代以降、特に江戸時代ではないかと推定されています

" 儒教 "とは、いうまでもなく孔子を祖とし" 仁 "を中心として
人道の実践を強調する教えです
そのなかに" 孝経( こうきょう ) "があり、また論語にも
" 孝 "が説かれているところから、亡き親や先祖に
丁重に孝養を尽くすためにこの作法が定着したようです

つまり、死者の霊がこの1枚の板にとどまっていると考え
それに対してうやうやしく拝礼していくための対象です

古書には「 仏説にはなき事なり 」と論断されているようです

真宗では位牌は用いないとはいっても現実に、お葬式などの
ときには白木の位牌に法名が記され、荘厳壇( 祭壇 )の前に
安置されることが多いようです

ですが、これは世間一般のならわしに合わせているだけで
( 葬儀に位牌を用いないところもあります )
お葬式、あるいは四十九日( 中陰 )がすめば、この白木の
位牌は、お寺さんに持ち帰っていただいて処分してもらいます

位牌は真宗では原則としてもちいません
位牌は儒教のならわしで、もともとは仏教のしきたりではないからです