お仏壇の仏具の基本といえば、前卓は五具足か三具足ですが
お仏壇の大きさによって上卓が省略されているものもあります

そして、例えば本願寺派では前卓も、平常は金香炉を
香炉台にのせて後方に、手前には土香炉を配置し
お線香は土香炉にあげることになっていますが
これも、前卓の大きさの関係で2つの香炉を縦に
並べることができず、普段は金香炉をしまって土香炉だけ
置く例もすくなくありません

五具足は
rikyu-gogusoku-migaki01
香炉にローソクをたてる燭台と花瓶(かひん)が各一対( 二つずつ )で
香炉台や土香炉は数の内に入れません
金香炉・土香炉・香炉台の三つで" 一具足 "と考えてもらうべきでしょう

三具足は
E-butu
燭台と花瓶を五具足から一つずつ減らしたものです
そして、燭台を一対ふやすごとに七具足・九具足・・・と呼ぶことになっています

最近のお仏壇屋さんで" 七具足をサービス "なんていうのが
あるようですが、これはなんと土香炉と香炉台を付けて
" 七具足サービス "にしているようですが、これは基本的に
五具足にしかすぎません
無知に付け込んだかたちの言葉のからくりだけの
サービスということになるでしょう・・・

専門店以外でもお仏壇を扱うことが多くなり、このような
混乱を招いているというのが真相のようです

五具足の揃っているお仏壇でも、普段は三具足
報恩講や年回法要など特別のときだけ五具足にする習わしです
ですが、五具足がなければ三具足の法要でも構いません

要は、日々仏さまにお給仕するまごころが大切です
お花を枯らしたり、土香炉の周りに灰が散ったりしてないかなど
いつも" こころ "を配ってください