一家の中心としてお仏壇を求めるというのは尊いものです


ですが、ご本尊を好みや鑑賞の眼で気に入ってたものを
買うというのは、信仰の世界から大きく踏み外しています


ご本尊を拝するというのは、如来さまの誓願に疑いなく
帰依する行為です

浄土真宗では、ご本尊は阿弥陀如来の尊像
または六次名号「 南無阿彌陀佛 」
向かって右に宗祖聖人の御影、または十字名号
「 帰命尽十方無碍光如来( きみょうじんじっぽうむげこう ) 」
左側に蓮如上人の御影か九字名号
「 南無不可思議光如来( なむふかしぎこう )」を安置する

と取り決められていて、何より大事なことは宗派で制定された
正しいご本尊とお脇掛の下付を、受け取るということです

浄土真宗のお仏壇のご本尊は、阿弥陀如来です
そのほかの仏さまは、いっさい安置しません
" 弥陀一仏( みだいちぶつ ) "といわれるゆえんです