建売マンションなどを購入したときに、お仏壇の安置場所に
困惑する人は少なくありません

住宅公団が新しいタイプの高層住宅を世に問うて四半世紀
これをモデルにした和洋折中の間取りが現代住宅の基本設計に
なった感じがあり、やがて個室時代に突き進んでいきます

こうした動向の中で、スタート時点から軽視されていたのが
" 家 "の中心であるべきお仏壇の安置場所でした

むかしは、家を新築するときお仏壇の位置を決めるところから
図面を引いてかかったそうです

まず" 仏間 "です

それが、今では逆になっているそうです

そうした困惑に付け込んで、とんでもない奇説が取りざたされたりし
なお事態をややこしくしているということです
お仏壇の" 方角 "に対する根拠のない指示だそうです

お仏壇の方角といえば安置する向きを思い浮かべますが
極端な話になるとお仏壇を納入するとき、トラックの進行してくる
方角にまでこだわった という実例もあるそうです

また、ある仏壇屋さんは、お仏壇を届ける日と時間、それに
先方にいたる道筋まできっちりと指定してきたそうです
どうやら購入された方は" 祈祷師 "に従っているらしく
仕方なしにそのとおりぐるぐる回りで行くと、一方通行で
トラックは行き止まざる得なくなってしまったそうです

先方に電話をすると「 しばらく待て 」といい、再び祈祷師の指示で
日を改めて別の道を通っていくことになったそうです

現実に一方通行になっていることさえ見通せない" 祈祷師 "に
惑わされるのですからいいかげんな話ですよね
というのがそのお仏壇屋さんの感想の締めくくり

ですから、お仏壇を安置する場所や向きにこだわることは
" 一切ありません "

お仏壇は三世にわたって十方( じっぽう )を見渡しておられる
" 阿弥陀如来 "の" お館 "です
むかしの人はわざわざ西方を拝するように仏間を設けたり
ご本山の方向に向くようにしたともありますが
要は、お仏壇は家の中心ですから、一家がそろって
礼拝できる場所を選ぶのが第一条件をいえるでしょう

お仏壇の向きについて、迷信・俗信に惑わされることはありません
お参りしやすい場所なら、どの方角になってもかまいません