" 位牌を汚す "という言葉
" 祖先の名誉を傷つける "ことだと解説されています

いま、こういう古風な表現が一般に用いらているかどうか
それはわかりませんが" 位牌 "というものの成り立ちを
物語るようでおもしろい

" 位牌 "
字義どおり" 位 "の" 牌 "で個人の生存中の官位と姓名を
書き付けた木札であったといわれます
儒教に発した位牌の風儀が、先祖の生前の世俗的な名誉や
誇りと表裏して君臨している限り、拝礼している子孫としては
" 世俗的名誉 "というものに対して、常に緊張感を持ち続けなければならず
それを踏み外すと" 位牌を汚す "と非難されたのでしょう

古来、位牌は死者の霊がとどまる場所と考えられてきました
また、その霊魂は世俗の権威とか社会的地位を抱えたままという
つまり肩書つきの故人なのです
いうまでもなく仏陀のさとりを仰ぐ仏教において、世俗の肩書きなど
一切無用です
真宗だけでなく仏教そのものに位牌がなじまないという
素朴な理由がこれでお分かりいただけるかと・・・

無論、だからといって祖先や亡き肉親への思いを軽視しても
いいというのではありません
命日や年回法要などの仏事には" 法名 "を通じて故人を
偲びつつ、報謝に念を深めるのは、何よりのご縁です

したがって、浄土真宗では位牌はもちいません
しかし、上記の趣旨から故人の法名や死亡年月日を記した
" 過去帳 "あるいは法名を表装した" 法名軸 "などを仏壇に
配置することは、やぶさかではありません

但しこの場合、ご本尊が隠れないように、法名軸はお仏壇の
側面に掛けるようにし、主に年回にあたる日や祥月命日
( 亡くなられたその月のその日 )に掛け、普段はお仏壇の
引き出しにしまっておきます

また、法名に対しては香華やお仏飯などをご本尊とは
別にお供えしないことが多いようです

浄土真宗では、ご先祖や亡き人を偲ぶ場合
過去帳や法名軸をお仏壇に安置します