今回はオチャラケで行きます
仏教の言葉にはどうしてあんなにヘンな言葉があるのか

日本に最初に漢字が入ってときは" 呉音 "といって
揚子江沿岸地方の読み方が伝わってきたんです
お経も全部この読み方を一緒に伝えられたそうな

その次の" 漢音 "といって中国北部、昔の" 長安 "付近で
用いられていた読み方が入ってきたとさ

奈良時代以降の日本の朝廷は漢音を" 正音( せいおん ) "と
統一しようしたんですけどうまくいかず・・・
今でも両方が使われているそうです

特に仏教はもともと呉音が伝えれられていたし
お寺のお坊さんは頑固者が多いかから( 怒られるかも )
仏教の言葉には我々に馴染みのない
呉音がたくさん残っているわけです

" 呉音 "とか" 漢音 "って

たとえば「 正 」は漢音では" セイ "、呉音では" ショウ "
「 解 」は漢音では" カイ "、呉音では" ゲ "と読みます
だから「 正解 」を" セイカイ "と読むのは漢音
" ショウゲ "と読むのは呉音読みになります

また、「 自 」は漢音では" シ "、呉音では" ジ "
「 然 」は漢音では" ゼン "、呉音では" ネン "と読みます
なんで" シゼン "は漢音読みで" ジネン "は呉音読みとなります

じゃぁ、仏教は呉音で一般的は漢音か

そんなことは単純に行きません( 日本語の難しいところ )
仏教はほぼ呉音で読みますが、ふだん使っている
言葉にも呉音は結構使われています

たとえば「 正直 」
漢音では" セイチョク "、" ショウジキ "は呉音です
また、解毒・解熱剤などの「 解 」は呉音の" ゲ "で読んで
" ゲドク・ゲネツザイ "といいます

鎌倉時代になると" 唐音 "が伝えられて、これは主に
禅宗に残っています
一般的な言葉では「 行灯 」" アンドン "、「 普請 」" フシン "
というのが唐音なんです

この辺で浄土真宗の「 帰命無量 」" キミョームリョー "
「 帰命 」も普通に読めば" キメイ "です
" ミョウ "が呉音で、" メイ "が漢音かと

ところが、トッコローガー( 英語風 )、福島だとなんになる
ん~" んだげんど "が近いような・・・
って、オイ!!ハズレテル・・・

おぉ、そうだった" 帰命 "の「 命 」だった
これって体張ったお笑い芸人いましたよね
確か" ゴルゴ13 "???みたいな
" トータス松本 "みたいな芸人・・・
思い出せない

オイ!またハズレテル
スミマセン
でも" ゴルゴ13 "実写化されてたの知ってます?
舘 ひろし主演で・・・
コラコラ!!

じつは「 命 」の読み方は確かに呉音なんですですが
" メイ "は漢音でも呉音でも、ましてや唐音でもなく
日本で勝手にできちゃった" 慣用音 "というものです

慣用音は結構たくさんあります
「 名 」の" メイ "も慣用音で漢音は" ベイ "呉音は" ミョウ "です
「 命 」も漢音も" ベイ "なんで、どうもいいにくいので
" メイ "に変わってしまったみたい

ってことは「 命名 」を" メイメイ "と読むのは両方慣用音で
日本だけの読み方、そういうことになります
漢音ですと" ベイベイ "になりますし呉音ですと" ミョウミョウ "と
いうことになりますからね

こういう風にしてみると" 漢字 "も面白いですよ・・・ネ