浄土真宗では、特に" 水 "を供えるという作法は
ありません

お供えとは、こちらから仏さまに物品をさしむける
( 回向 )行為ではないということです

お経に説かれている仏さまの世界( お浄土 )の
特徴のひとつに" 八功徳水( はちくどくすい ) "を
あげることができます
この上もなく清浄で、美しい八つの徳をもつ水に
恵まれた国土なのです

だから、今さらこちらからチリやカルキの入った
水を送ることはありません

宗旨の違う家庭では、亡き人もノドがかわくだろうというので
記録のある先祖の数だけ水やお茶が入った湯呑を
並べていますが、なんだか鳥カゴみたいな感じがして
お仏壇としては、不似合いな眺めがします

だいいち、お仏壇は死者の" 容れ物 "ではないはずです

なお、上卓の仏具は、大谷派では本願寺派のように
ローソク立てを置きません
上卓というのは、どちらにしても大型の仏壇のみで
小型のものは上卓に華瓶や香炉、ローソク立てなどの
具足を置けるスペースはありません

浄土真宗では、お仏壇にお水を供えないのが
昔からのしきたりです