このようなブログを開設しますと、私は" 仏教関係者 "か" 宗教関係者 "と
思われるかもしれませんが、まったくそういった関係者ではありません

ごく一般の中小企業に勤めている、ごく普通の会社員です
では、なぜこのようなブログを・・・

「 ちょっとしたこと 」により興味がわき、本を読んだりしていたら
独特の世界観を持つ" 浄土真宗 "に興味を持ち始めたのが
きっかけとなりました

ちなみに、私は" 真宗大谷派 "のお寺にお世話になっている
バリバリの" 浄土真宗 "です
45歳を過ぎてから、自分の宗派に興味を示すのも、いかがなものかと
思いましたが、何かきっかけがないと興味を持たないのも事実です

そんな中、" 浄土真宗 "の仏事作法 ⇨ いわば体裁を軸に
仏事や日常の何気ないことをご紹介できればと思い
ブログを開設してみました

決して、固い内容にしようとは思っていませんので
お気楽においでください

初回は" 浄土真宗 "について少々記事にしたいと思います

浄土真宗は鎌倉時代初期に、ご存知の" 親鸞聖人 "が、師であります
" 法然上人"によって明かされた" 浄土往生 "を説く教えを継承し
展開させ、門徒たちが教団として発展させました

ご本尊は" 阿彌陀如来一仏 "で「 南無阿彌陀佛 」を称えます
ただ、如来の働きにまかせて、全ての人は往生することができると
いう教えから、" 絶対他力 "を説いたのが" 浄土真宗 "

阿弥陀如来への信心を重視していて、念仏を唱えることを
直接的な極楽浄土へ往生の条件とはしていない
( 念仏は称えるがことは大事だが、もし称えようとしたとき
言葉を発せない状況にあっても、信心は決定しているので
救われる )てなところかと

作法や教えも簡潔であったため、庶民に広く受け入れられたとか
一向にかまわない" 一向宗 "なんて云われかたも

経典は「 観無量寿経 」「 無量寿経 」「 阿弥陀経 」( 浄土三部経 )です
浄土真宗の宗派の方、はお分かりかと思いますが親鸞聖人の主著
「 教行信仰 」に記されている" 正信偈 "などの教えもあります

この" 正信偈 "なんかも地味~にご紹介したいと思っています

更新頻度は頻繁ではありませんが、コツコツと記事を載せたいと
思っていますので、興味のある方は是非ご覧ください

最後に、しつこいようですが怪しい" 宗教家 "ではありません