年回法要などの仏事は日ごろ疎遠になりがちな親類縁者が
顔を合わせる得難い機会です
昔は、遠来の客というのは珍しいものでしたが、最近は
東から西から参集するというのが普通になってきました

ついでに言えば、一昔前まで遠方という理由で仏事に
参詣するのは一家の代表者ひとりというのがほとんど
でしたが、最近では家族揃ってお参りすることも
結構増えました

まさに亡き人を中心にした仏縁の確かさと言えましょう

ところが、遠来の客を迎える側も、迎えられる側も久しぶりの
対面のために、懐かしさが先だって、肝心のテーマが
おろそかになりかねません
仏事に参集したという目的意識が後回しになって、話に
夢中になり、それに時間を費やしてしまって、法要が始まる
間際まで台所や茶の間で親族集会が花盛りという光景です

心したいのはこれでは順序が逆・・・ということです

極論すれば、法要のために足を運んできたはずが、親族の
寄り合いのついでに法要をつとめた という形になって
しまいかねません

理屈ではなく、実際の問題として懐かしい顔ぶれと" やあやあ "と
いって茶の間に座り込んでしまったとき、法要にお参りにする
ために来たという気分は吹っ飛んでしまっているはずです

だから、なにはおいても真っ先にお仏壇の前で
ごあいさつしてください
まず静かに合掌礼拝し" やあやあ "は、あくまでも二の次です
このことは、お寺の法座にお参りしたときも同様

法座に会わせていただくのは、あくまでもの聴聞が主題ですから
まず正面のご本尊にごあいさつします
先にお参りしている知り合いから声をかけられたら、軽く目礼し
合掌礼拝後にあらためてお互いのあいさつをするように
心がけます

なお、申し添えるまでもありませんが、仏事に参詣しお仏壇の
前で合掌礼拝したとき、カネ( 馨 )を鳴らす人がおりますが
浄土真宗の作法としては間違いです

こういうことのないように、主宰する側は読経の時以外は
手の届くところへ" カネ "の配置をしないように注意するのも
心がけの一つでしょう

年回法要で親類縁者に家に参詣したとき、お寺の法座へ
行ったとき、まず最初に仏さまに手を合わせ礼拝します